顔と名前を記憶させる

名刺18

名刺を作成してそれを渡す目的の1つは顔と名前を覚えてもらうことです。ビジネスにおいてこれはとても大切でしょう。

名刺に顔写真が載せられているケースもあります。また、仮に顔写真がなかったとしても、それを渡す際にはしっかりと自分の顔を見てもらうことになり、それと名刺にある情報を関連付けて記憶してもらうことになります。

印象深い話をすることができれば、相手は顔と名前をしっかりと覚えるでしょう。後で名刺を見たときにも、それを渡してくれた人がどのような人であったのかすぐに思い出すことができるのです。

また、名刺を使うのは会社員だけではありません。

個人事業主が名刺を使うこともあるでしょう。

たとえばデザイナーが名刺を持っていることは多いです。いろいろな会社に対して売り込む必要があるため、その際には名刺を用いることが有効です。

名刺を渡してしっかりと顔や名前を覚えてもらうことによって、あとで仕事の依頼がくるかもしれません。このような目的を果たせるような名刺のデザインを心がけるべきです。たとえば難しい名前についてはきちんとルビをふるという工夫が必要でしょう。

視覚的に分かりやすく情報が整理されており、特に名前はひと目見てすぐに読めるようなデザインやレイアウトを意識するべきです。そのためにも名刺作成業者を利用して、効果的なデザインの名刺を作ってもらうのをおすすめします。

「商品やサービスの宣伝」